誕生日スルー?彼氏が誕生日を祝ってくれなかった時の対処法

MENU

誕生日スルー?彼氏が誕生日を祝ってくれなかった時の対処法

誕生日は誰しもが持つ、たった一つの大切な日。
高価なプレゼントが欲しいわけじゃないけれど、お祝いくらいしてほしい。

 

そう思うのは当然です。

 

でも記念日に無頓着な彼は、誕生日もスル―。
悲しい思いをした時の対処法をまとめました。

 

 

誕生日に気が付いているのか確認する

すっかり忘れているだけ、ということもあり得ますので、まずは確認。
この時気をつけたいのが、相手を責めてしまうこと。

 

傷ついた気持ちは一旦おいておき、さりげなく彼に尋ねましょう。
「今日は何の日だっけ?」と。
もし忘れていただけだったら、挽回のチャンスをあげてください。

 

 

知っていたのにスルーした場合

彼が誕生日に気づいていたのにスルーしていた場合、彼の性格によって対処法が変わります。

 

・記念日を気にしない

さっぱりした、男らしい人に多いようです。
そんな人には、あまり祝って欲しいとしつこく言うのはNG。
ただ彼が少しでも祝ってくれたら大袈裟に喜びましょう。
すると「こんなに喜んでくれるなら」と彼も頑張ってくれるようになるかも。

 

・恋愛経験が少ない

女性が何をすれば喜ぶのか、あまり知らない場合。
こんな時はハッキリ、「お祝いしてくれたら嬉しい」と伝えます。
誕生日以外でも、自分がされたら嬉しい事をその都度伝えて、彼を育てて行きましょう。

 

・怒ってる?

いつもお祝いしてくれるのに、今年だけはスル―。
そんな時はもしかして、彼が何かに怒っているのかもしれません。
最近、彼の機嫌を損ねてしまったことはありませんか?
彼に直接聞いてみましょう。

 

 

今後どうするか

あなたが誕生祝いを絶対に譲れないのなら、スル―されたことは十分別れの原因になるでしょう。
「自分に気持ちがない」と勘違いしてしまっても仕方のない行為です。

 

ただ、一度キチンと気持ちを話してみることは大切かもしれません。
あなたがそこまで大切にしていると知ったら、彼も変わる可能性だってあります。

 

もしあなたがそこまで誕生日にこだわらなくても良いというのなら、気にしなくて大丈夫。
他の人からなんて言われようが、気にせず付き合って行きましょう。
むしろ「この人を分かってあげられるのは私だけ」という気持ちでいれば良いのです。

 

 

まとめ

人の価値観が大きく表れる誕生日。
お互いの気持ちを尊重していけたら良いですね。