会話まで準備しなくてOk自然体で楽しもう

MENU

会話まで準備しなくてOk自然体で楽しもう

好きな彼・彼女と仲良くなるためには、言葉を使ったコミュニケーションは欠かせません。
それは面と向かって会話する時でもメールなどを使う時でも同じです。

 

 

しかし、片思い中の相手との会話は緊張するものです。
その為失敗しないように、また良い印象を持ってもらえるように、事前に何を話すか考えてシュミレーションをしている方も多いでしょう。

 

そうやって話題を用意する事は、相手に会話を楽しんでもらう為にもとても大切なことです。
特に普段異性とコミュニケーションを取るのに慣れていない方は、事前の用意をしておいた方が焦らなくて良いでしょう。

 

 

しかし、自分で計画したシチュエーションや会話パターンに、あまりにも固執しすぎるのは良くありません。
人はロボットではないので、想定した通りの返事が返ってくるとは限りません。
思いもよらぬ答えが返ってきたりすることもあり、全てのパターンを事前に想定しておくなど不可能です。

 

 

そのような時に事前のパターンにこだわっていると、焦ってしまいます。
あたふたしてる様子に相手も戸惑いを覚えるでしょう。

 

 

また、なんとかして話の軌道を修正しようとすれば、相手が話したいと思ったことを遮ってしまったり、不自然な会話の流れになってしまってぎこちなくなってしまいます。

 

 

相手に良い印象を持たれようと思うばかりに強引に話の流れを持って行って逆に居心地を悪く感じさせてしまった、なんてことにはなりたくないですよね。

 

また、プラン通りに進んでいったとしても、シミュレーションをし過ぎた為に演技っぽい不自然な言い方をしてしまうこともあります。
これを言おうと待っていました、という感じでは、会話に対する意気込みのズレが伝わり、相手に違和感を覚えさせるでしょう。

 

事前に準備万端にしておくことは大切です。

 

しかしいざコミュニケーションが始まった時はその時の雰囲気や彼・彼女のノリをちゃんと観察して合わせられるようにしたいですね。

 

 

コミュニケーションは一人でするものではありません。
そうやって二人で空気や流れを一緒に作って行くことで親密になれるのです。
全て思い通りに行く相手なんておもしろくないですし、あなたもそんな相手は求めていないはずです。

関連記事一覧