仲良くなったらありのままの自分を見せよう

MENU

仲良くなったらありのままの自分を見せよう

好きな人には良く思われたいと思うのは当然の感情です。
いつもの自分ならしないことも、好きな人の前だとやる気になって頑張ることなどもありますよね。

 

 

最初に彼・彼女に良い印象を与える為に、それはとても良いことです。
しかし、関係が深まっていくにつれてありのままの自分を見せていくことも大切です。

 

 

いつまでも偽りの自分でいることは続くものではありませんし、本当の自分ではない人を好きなってもらっても嬉しいでしょうか。

 

本当の自分ではない自分を好きになってもらって、素を見せた時に引かれてしまうのはショックですよね。
かと言っていつまでも気を張って自分を作ることもできません。

 

 

大人の人間なら完璧な人などいないということはわかっているはずです。
最高の自分でいる必要はないですし、相手もそんなことは求めていないでしょう。

 

それよりも、良い所も悪い所もお互い認め合って支え合えるような関係を求めているはずです。
そして、あなたもそんな関係が良いと思いませんか。

 

 

逆の立場になって考えてみてください。

 

好きな彼・彼女があなたに好かれる為に本当の自分を偽っていた、とわかった時あなたは嬉しいでしょうか。
「自分は信頼されていなかったのかな?」という気持ちになりますよね。

 

 

素の自分・ありのままの自分を見せるということは、それだけ相手のことを信頼しているというメッセージにもなるのです。

 

 

また、ありのままの自分を見せないで、もし見せたら嫌われるかもしれない、という不安をいつまでも抱えていたいでしょうか。
そもそも、そんな不安な気持ちで相手と深い関係を築くことが出来るのでしょうか。

 

 

素の自分を見せるということは、相手の為にも自分の為にもなることです。
ありのままの姿を見せられた時、相手も信頼されてると思って嬉しくなります。

 

また、彼・彼女も警戒心を解き、ありのままの姿であなたに接してくれるようになるでしょう。

 

 

素の自分を見せることによって、お互いをより深く理解し合えるようになり、恋愛対象として意識してもらえるでしょう。

関連記事一覧