片思いの相手に必要とされるパートナーになる

MENU

片思いの相手に必要とされるパートナーになる

好きな人から必要とされるのは、恋愛において必須です。
良い印象を持たれても必要とされなければ、それはただの「良い人」「良い友人」で終わってしまいます。

 

 

恋愛というのは人生のパートナーを選ぶことです。

 

完璧な人間なんて存在しませんから、自分の不完全さを知っている人は、それを助けてくれるパートナーを求めるものです。

 

あなたが彼・彼女に必要とされる存在になれずに、他の人にそのポジションを取られてしまってはパートナーになれるチャンスは皆無に等しいでしょう。

 

 

もしかすると一見完璧に見える人もいるかもしれません。
しかし、人間というのは不思議なもので、長所と短所は表裏一体になっているものです。

 

彼・彼女が何でも上手にできる人ならば、彼らには何も上手にできない不器用な人の気持ちを理解してあげることができないかもしれません。

 

容姿に恵まれて異性に人気がある人は、容姿に恵まれずにコンプレックスを持っている人の気持ちがわからないでしょう。
容姿に恵まれたことがきっかけで色んな異性から軽く言い寄られることを嫌に思っている人もいます。

 

 

人間である限り完璧な人というのは存在しないのです。
そして一人前の大人になれている人は、自分のそういう完璧ではない部分をよくわかっているはずです。

 

 

自分は完璧で一人でも生きていけるという人は、おそらく自分のことをよくわかっていない人です。
ちゃんと自分に向き合えていない人とも言えるでしょう。

 

そういう人はそもそも恋愛に対して本気ではないでしょうし、あなたが本当に真剣な交際を求めているならば、あなたの相手としてふさわしくないでしょう。

 

 

相手の不完全な部分を補うようにしてあげると、彼・彼女から必要とされる存在になります。
例えばあまり人との会話が上手でない人は、会話が上手なパートナーを見つけると楽になりますね。

 

会話が下手なもの同士でくっついてもお互いを助け合えません。
欠点が見えずに完璧に見える相手でも、彼・彼女の弱い部分を受け入れられる存在になれば、あなたはかけがえのない人になれるでしょう。

 

 

自分の欠点と相手の欠点が似ている場合、相手の気持ちに共感でき一番の理解者になれることもできます。

 

 

しかし、人間は自分にないものを持った相手に本能的に魅かれるようになっています。
その方が、良い遺伝子を持った子孫を残せると脳が判断するからです。

 

その為、できるだけ相手に無いものを提供して必要とされる存在になる方が、生涯のパートナーになれる可能性は高いです。

関連記事一覧