恋愛のアプロ―チとストーカーの境界線はココ

MENU

恋愛のアプロ―チとストーカーの境界線はココ

時々ニュースでストーカーによる犯行などが取り上げられることがあります。
ストーカーになってしまう人達と片思いをしている人達の違いとはなんでしょうか。

 

 

それは相手を思いやる気持ちです。
ストーカーになってしまう人は、自分の気持ちで頭がいっぱいになり、相手の視点で物事を考えられなくなってしまいます。

 

彼・彼女に会いたいという感情にまかせて何通もメールや電話をしたり、彼女の後をつけるようになったりします。
時には、相手も自分に思われて嬉しいはずだと思い込んでしまうこともあります。

 

 

好きな人のことを良く知ることは恋愛においては大事ですし、知ろうと思うことは大切です。

 

しかしそれが限度を超えてまるで監視のようになってしまっては、好きになってもらえるどころか気味悪がられて嫌われます。
自分を見失わずに相手の気持ちになって考えられるようになることが大切です。

 

 

ストーカーと呼べるまではいかなくても、しつこすぎるアプローチや、相手の知らない所で色々と何かをしているのも嫌われます。
相手に嘘をついて呼び出したり、相手の周りの人間に色んなことを聞き込みすぎたりすると、信頼されなくなります。

 

 

ストーカーっぽい行動をしてしまう人の多くは、自分に自信がない人です。
自分に自信がなく彼・彼女と直接向き合うことができない為にそういう行動に走ってしまいます。

 

 

何か知りたいことがあれば直接聞けば良いのに、それが出来ずに回りくどい方法を取る為にストーカーっぽくなってしまいます。
また、相手をつけてしまう程会いたいという気持ちが抑えられないのは、会っていないと監視できずに不安に感じるという自信の無さからくるものです。

 

相手も喜ぶはずだと勝手に勘違い妄想をするのも、自信の無さから自分を守る為の防衛本能でそういう考えに陥ってしまいます。

 

 

自分を守ろうとする故に相手に向き合おうとせずに要望を通してしまう。
つまりストーカーっぽくなる人とは、自分勝手な人なのです。

 

そういう人は、好きな人に向き合う前にまず自分自身と向き合う必要があります。

関連記事一覧