無駄なプライドは恋愛の邪魔!プライドの捨て方

MENU

無駄なプライドは恋愛の邪魔!プライドの捨て方

無駄なプライドは持っていても恋愛の邪魔をするだけです。
片思いの彼・彼女を口説きたい時に無駄なプライドを捨てるようにしてください。

 

 

プライドを捨てるというのは、自分の人間としての誇りを捨てることではありません。
自分の軸を持っていないと相手に利用されるだけの人間になり、そんな人は魅力的ではありません。

 

 

無駄なプライドを捨てるということは、「傷つきたくない」「かっこよく思われたい」「恥ずかしい思いはしたくない」と言ったような、エゴや自分を守ろうとする気持ちを捨てることです。
本当のプライドを持っている人というのは、そういう風に自分を守らなくても良い人のことです。
恥ずかしい思いをしても、かっこ悪くても、そんな自分を受け入れて一人の人間として誇りを持つことが、本当のプライドを持つということです。

 

特に男性には、好きな女性にかっこ悪いところを見られたくないという方は多いかもしれません。
しかし、意外かもしれませんが、女性は男性のそういう部分も愛おしいと思うものなのです。
逆に、いつまでたってもそういう部分を見せてくれない男性よりも、弱い部分も見せてくれる男性の方が魅力的に感じる人がほとんどだと思います。
彼女はその方が心を開いてくれたと思います。

 

完璧な人なんていないですし、完璧な人が好きという人は少ないです。
過去に苦労した経験や苦い思い出などを話して共有できる相手は素敵ですよね。

 

自分を守りながら気持ちを伝えられても何も心に響きません。
そういうここぞという場面で自分を守る人は信頼できませんよね。
そんな人と付き合おうと思うわけはありません。

 

無駄なプライドを持ちながらアプローチを続けても、相手は疲れてしまって嫌われるだけです。
そういう人は、恋愛を始めるより先に、自分に自信を持ったり自分のダメな所を受け入れられるようになる必要があるかもしれません。
好きな人に受け入れてもらうよりも先に、まず自分で受け入れないと恋愛はできません。

 

関連記事一覧