大切な話はメールではなく直接伝えよう

MENU

大切な話はメールではなく直接伝えよう

今は仕事のやり取りもメールですることが多いくらい、メールやインターネット上の通信を使ってのコミュニケーションは頻繁に行われています。
社会人の人は一日一回は必ずメールチェックをする人も多いはずです。

 

 

ついつい何かとメールに頼ってしまいがちですが、顔を見て伝えるコミュニケーションの力はやはり侮れません。

 

 

メールで一言「好きなんだ」と言われるよりも、顔を見て言われた方が伝わることが何倍もありますよね。
相手の表情、喋りだすタイミング、声のトーン、姿勢や体の些細な仕草…

 

それら全てが相手に伝わることで、「好き」という言葉の何倍もの気持ちを体で感じることができるのです。

 

 

メールはどれだけ活用されるようになっても、文字を使って連絡を取り合うだけの手段ということには変わりありません。
メールからは感情を伝えることができないのです。

 

その為に読むものに誤解を与えてしまうケースも少なくありません。

 

 

例えば普段から絵文字などを使って丁寧に文章を送ろうと心がけている人からすれば、何も気をつかわずにありのままの文で送る人のメールは冷たく感じたり、「怒ってるのかな?」と感じるかもしれません。

 

 

また、実際に会って顔を見てのコミュニケーションなら詳しく言葉に表せなくても、お互いの空気を読んで伝わることもあります。
「うん」や「へぇ」という返事一つでも、良い方や表情によって違う意味を持ちます。

 

 

しかしメールではそういうことも無理やり文章にしなければならず、くどくど書いてしまって伝わりにくくなることがあります。

 

それに、どうせ伝えるなら、好きな彼・彼女の反応を見たいと思うのが普通ではないですか?
相手の嬉しい顔や照れている顔が見れずにメールの奥に隠されていてはもったいありません。

 

待ち合わせや連絡などの内容はメールで全然構いませんが、気持ちを伝える際にはできるだけ電話か、会って話すようにしましょう。

 

逆に、できるだけ感情的になりたくない時はメールはとても便利なものになります。
例えばすごく疲れていて相手に気をつかう余裕もない時は、会って話すよりもメールで伝えた方が相手に嫌な思いをさせません。
イライラしている時に会って余計なことを言うよりも、メールで済ましておいた方が良い時もあるでしょう。

関連記事一覧