好きな人が年上の場合の落としかた

MENU

好きな人が年上の場合の落としかた

現代は色んな価値観が認められている時代で、年上・年下・男性・女性と言っても様々なタイプの方がいます。
そして、どんなアプローチ方法がグッとくるのか、どんな恋愛スタイルを望んでいるのかも、人それぞれです。

 

若い人の中でも、「男はこうあるべきだ」という亭主関白のような価値観を持っている人は男女問わずいます。
反対に、欧米社会のようなレディーファーストであったり、女性は大切にされるべき存在という考え方の人もいます。

 

ですから、男性だから女性だから、年上だから年下だからという固定観念にはあまりとらわれずに、彼・彼女がどんなことを望んでいるのかをよく観察することが大切になります。

 

彼・彼女は甘えたいタイプなのか甘えられたいタイプなのか、どういう人に弱いのかよく見極めましょう。

 

 

「年上だから包容力がある」とは限りません。
むしろ、年下の方がしっかりしているというカップルもよく見るようになりました。

 

 

しかし、年上の彼・彼女の方が人生経験があるのは事実ですから、アドバイスなどをされた時は素直に聞きいれるなど、相手の人生を尊敬する気持ちはいつまでも忘れないでいたいものです。

 

 

年の差がある人との交際は時に刺激的で楽しいものになります。
同世代の付き合いとはまた違った楽しみがあります。

 

彼・彼女の子供の頃の話を聞いたりすると、自分と違う部分が多くて盛り上がれるかもしれません。

 

 

年上の人を誘う時は、甘えて誘うか、尊敬して相手を立てながら誘うと良いでしょう。
甘え方でも、「お願い」と素直に頼むのも良いですし、お茶目に「ついてきてよ!」と行ってみるのも良いです。

 

お茶目な所も年上の人なら「しょうがないなぁ」と受け入れてくれる可能性が高いです。

 

 

そういう風に頼める間柄でなかったり、そういうタイプが好きそうでない相手には、尊敬を表しながら礼儀正しく誘ってみましょう。

 

礼儀正しく誘われると、例えあなたに興味がなかったとしても、「まぁ行ってみようかな」という気になるものです。

 

年上年下関係なく、この人合うなと思った人なら付き合ってもらえます。
年齢を気にしすぎずに、一人の人として彼・彼女のことをよく見ましょう。

関連記事一覧