同い年の人と付き合う方法

MENU

同い年の人と付き合う方法

同い年の人とは何かと接する機会も多く、初めて付き合った人が同じ学校の同い年の人だったという人は多いと思います。
年が同じだと進学や就職などの時期も似てくるので、タイミング的にも付き合いやすい相手となります。

 

そういったお互いのシチュエーションを理解し、共感してあげられるのも、同い年の利点です。

 

 

最近では年の差婚もよく見られるようになりましたが、年の差があるだけで会話が通じなかったり趣向が変わってくることがあります。

 

食事の趣味や映画の趣味などが合わないだけで、障害になることってありますよね。
そういう障害は同い年や年の近い人の方が少なく、お互い共感できる部分が多いとも思います。

 

 

同級生の集まりや同世代の仲良しの子を呼んでグループで集まったりなど、気軽に接することができる機会は多いと思いますので、どんどん参加していきましょう。

 

 

年下や年上には話せない話も、同い年の子にはぶっちゃけて話せることなども多いです。
気取らなかったり、背伸びしなくても良いという安心感があり、きっとわかってくれるはずだと思うからです。

 

片思い中の彼・彼女の話をよく聞いてあげましょう。
また流行のものや懐かしいものなどの共通の話題も豊富にあるはずですので、まずは話を振ってみてください。

 

 

同い年の相手だと「年上なのに」とか「年下のくせに」といった変な期待や偏見も持たれにくいです。
年齢を気にせずにありのままのあなたで接しても受け入れてもらえるでしょう。

 

同世代同士で競い合っていてライバルも同じ条件なら、余計に負けたくないものです。
少しでも多く接点を持てるように積極的にイベントごとに参加したり、彼・彼女を誘ってみてくださいね。

 

 

みんなに人気があってライバルが多い男性・女性が好きな方は、ライバルに取られないように積極的になりましょう。
人間誰しも、自分にそんなに興味なさそうな人よりも、自分のことを好きになってくれた人に好感を抱きますよね。

 

恋愛に対して色々と理想を描いて相手を探している人もいるかもしれませんが、近場に目を向けてみると意外と良い人が周りにもいるものです。

関連記事一覧