お店の店員さんに片思いした時の口説き方

MENU

気になるお店の店員さんに片思いした時の口説き方

良く行くお店の店員さんがタイプで気になる、という経験はありませんか?
せっかくタイプの人に出会えたのですから、アプローチしてみないともったいありません。

 

そういう出会いはなかなかあるものではないです。

 

 

まずは、その人の印象に残ることから始めましょう。
特に親しく話さなくても、何度も通って常連さんになると店員さんに覚えてもらうことができます。

 

 

もしその店員さんに接客してもらう機会が回ってきた時は、是非さりげなくアイコンタクトをして相手を意識させましょう。
じっと意味深に見つめるだけで、あなたが気があることは伝わります。

 

 

好きな彼・彼女がお店の店員さんの場合、普通の恋よりも接点が少なくチャンスは貴重なはずです。
いつもより積極的になってみましょう。

 

また、相手の方もあなたのことを気にしていても、店員という立場上それを表さないことがあります。
真面目な人は仕事中にお客さんから口説かれる(お客さんを口説く)なんてお店に迷惑がかかるのでできない、と思っています。

 

客の立場であるあなたからどんどんリードしてあげましょう。

 

ただし、客であるという立場を利用して無理やり口説こうとするのは良くありません。
相手が少しでも嫌な素振りを見せたら引いてあげてくださいね。

 

そういう客は迷惑な客、めんどうな人としか思われません。
恋愛対象として見られる前に、人として嫌われてしまいますのでやめておきましょう。

 

相手は仕事中で客を相手にしているわけですのではっきり断れない時もあります。
相手の反応を注意して見ておきましょう。

 

頑張って、連絡先を交換するところから始められたら良いですね。
店員さんに連絡先を聞くなんて緊張するかもしれませんが、自分が頑張って働いている姿が知らない間に人から好かれていたと知ったら、誰しも嬉しいものです。

 

なお、水商売の方が相手の場合はあなたの好意を上手い具合にかわしたり仕事に利用されることが多いので、よほどテクニックに自信がない限り諦めた方が身のためかもしれません。

関連記事一覧