愛情表現が苦手な人におススメの好意の伝え方

MENU

愛情表現が苦手な人におススメの好意の伝え方

外国人男性は「愛してる」と伝えたり、人前でキスしたり、女性に対する愛情表現がオープンです。
そんな外国人男性を見て良いなぁと言う日本女性は多いです。

 

 

日本は文化背景的に、男性が愛情表現をすることに慣れていません。

 

女性が男性から「好き」という言葉を聞けるのは生涯何回あるでしょうか。
「愛してる」なんて一度も使わない人もいると思います。

 

 

しかしそれは文化の違いで、日本男性の心の中に愛情がないというわけではありません。

 

むしろ本気で思っているからこそ言葉にすると軽く感じて伝えられない、という方も多いはずです。
日本女性もそんな男性の心は理解していますし、愛情表現ができないからってダメだということではありません。

 

 

しかし片思い中の相手に対しては、少しくらい頑張って表現しないと、いつまでたっても彼女を手に入れることができないでしょう。

 

彼女のことを本気で好きなら、それが伝わるように頑張ってみてください。

 

 

ストレートに表現するのが苦手な方は、メールやSNSなどのツールを使って表現する事もできます。

 

それなら顔を見なくても良いですし、照れくささも半減して伝えやすいかもしれません。
直接伝えられた方が嬉しいという女性が多いのも事実ですが、どうしても勇気がでない場合はいたし方ありません。

 

 

注意したいのは、伝える時に理屈っぽくなってしまわないことです。
理屈っぽく伝えると、相手が反論できないように、自分を守る為に防御線を張っているように見えます。

 

そういう男性はいざという時も自分を守ろうとしそうで、女性は頼りなさを感じてしまいます。

 

 

彼女がなかなか誘いにのってくれない時も、「○○日なら忙しくないはずだ」とか「数時間なら時間をつくれるはずだから」「ここならあなたが好きって言っていたものがあるから」と、何かと理由を並べて説得するのはやめましょう。

 

そうやって理屈を使って断れないようにすると裏目に出て悪い印象になります。
なるべく自分の心の本音を伝えられるのが一番です。

 

ですが、それができない場合、理屈を並べるくらいなら言葉数少なくしておく方が吉です。

関連記事一覧