女性と男性で感じ方が違うの「優しさ」

MENU

女性と男性で感じ方が違うの「優しさ」

「優しい人」が好みのタイプと言う女性は少なくなりません。
しかし、女性が言う優しさと男性が思う優しさは同じでしょうか。

 

 

女性と男性では相手に優しくしたいと思った時に表現の方法が異なると言います。
これを知っておかないと、「優しい人」が好みのタイプだと知って頑張って優しくしたのに、全然効果がなかったということになりかねません。

 

 

男性が優しさを表現しようと思った時、彼女の為に何かをしてあげることが多いと思います。
例えばパソコンの設定などで女性を助けてあげたり、何かの設置や組み立てを手伝ったり、何か役立つ知識を教えてあげたり。

 

そういう行動で表していないでしょうか。

 

 

確かにそれは優しさであることには間違いないですし、女性もそう感じてはいるはずです。

 

しかし、女性が恋愛において求めている優しさとは少しズレがあるのです。
上に挙げたような、何かを手伝ってあげる・してあげるという行動は「いい人」なのですが、女性が恋愛を意識するきっかけにはなりません。

 

下手すると彼女は「○○君そういうの得意なんだ」と思うだけで、全くあなたの気持ちが伝わっていないケースもあります。

 

 

女性が恋愛対象としての男性に求めている優しさとは、彼女の気持ちにダイレクトに関わることです。
何か行動をしてくれるよりも、彼女の気持ちを気にしてあげたり読み取ってあげることの方が、女性にとってはときめくポイントとなるのです。

 

自分のわがままを受け止めてくれたり上手に気を使いながらリードしてくれる男性を求めています。

 

 

さっきの例で見てみると、パソコンを治してあげることはあなたではなくても、パソコンがわかる人なら誰でもできますよね。
しかし彼女のわがままを受け止めてあげることはどうでしょうか。

 

ただの友人同士ではわがままを受け止めたりしませんし、誰にでもできることではありません。

 

 

彼女が何かに困っていたり悩んでいる場合を想像してみましょう。
問題を聞きだし解決法を出してあげることも優しさで、男性はそうしようとする方が多いと思います。

 

しかしこれは女性の気持ちに訴えかける優しさではないのです。

 

 

彼女の気持ちを受け止め、彼女がすっきりするまで話を聞いてあげてください。
「何が問題か」よりも「彼女が今どんな気持ちなのか」を気にしてあげる方が、女性の胸に訴えかける優しさになります。

関連記事一覧