女性のホルモンバランスと気分の変化を見抜こう

MENU

女性のホルモンバランスと気分の変化を見抜こう

「女心と秋の空」という言葉にある通り、女性とは気まぐれな生き物です。

 

ある時は何かに落ち込んでいたり悲しんでいたりしても、気づいたらすごくご機嫌になっていることなんて日常茶飯事です。
男性にも気まぐれな人というのはいるものですが、男性と女性の違いは、女性は生理的な現象で感情の変化が訪れることです。

 

 

女性の生理周期は平均28日サイクルで、ホルモンの分泌量や体調が変化します。
人によってまばらですが、なかには著しくその影響が出る人もいます。

 

 

特に生理前後はホルモンバランスの影響で精神的に不安定になりやすく、いきなりクヨクヨ悩みだしたり落ち込んでしまいやすくなります。

 

また、普段では何とも無いようなことにもイライラしてしまったりします。

 

 

体調にも影響が出てきて、食欲が変化したり体がむくんで重く感じたり、肌が荒れやすくなります。
生理痛で仕事や学校を休むことなんてなかなかできませんから、密かに痛みに耐えながら頑張っている女性は多いものです。

 

 

なので、そんな時に話しかけたり誘ったりしても、あまり良い反応が返ってこないのは仕方ありませんね。

 

 

付き合っている女性なら彼女がいつ生理かわかると思うので、それに合わせて見守ってあげることもできます。
しかし、片思い中の方はそんなことはできないので、彼女の様子を観察していつもと少し雰囲気が違うな、と感じたらそっとしておいた方が良いかもしれません。

 

 

反対に、生理が終わってから2週間ほどは女性にとって過ごしやすい時期で、物事に関しても楽観的になる時期です。
できればそういう時に誘えるようになれたら良いですね。

 

また、その場のムード一つにも、女性の気分は影響されやすいです。

 

 

例えばよくデートスポットに選ばれる夜景。
夜景がロマンチックに感じるのには実は心理的な秘密があり、脳が暗闇に対して本能的に危険を感じている為、隣にいる人にくっつきたいという気分にさせるそうです。

 

 

また、女性は男性よりも色彩判断能力に優れていて微妙な色の変化も識別できる為、同じ景色を見ていても女性の方が楽しんでることが多いそうです。

 

 

男性が気づかないうちに、その場の微妙な雰囲気の変化を女性は感じとっているかもしれません。
全くムードがない時に告白したりアプローチしても空振りに終わるかもしれませんので、女性がどんな気分か注意して観察してみてください。

関連記事一覧