メールと電話の使い分けでコミュニケーションを深める

MENU

メールと電話の使い分けでコミュニケーションを深める

今片思いしている女性がいるのなら、是非こまめに連絡を取ってみることにしましょう。
現代は携帯電話が普及していますので、メールやSNSなどで、連絡を取ろうと思えばいつでも取れる時代になりました。

 

 

中々接点がなかったり会えない女性でも、こまめにメールし合うことで新密度を深めることが可能です。

 

インターネット上で知り合った相手と交際に発展することもあるくらいですから、そういったツールはどんどん利用していきたいですね。

 

 

しかし、こういった時代だからこそ、面と向かって気持ちを伝えてくれる男性を魅力的に感じる女性は多いのではないでしょうか。

 

たわいもない会話はメールやインターネット上で良くても、告白や二人に関する真剣な話は面と向かってして欲しいと女性は思っています。

 

簡単に嘘をつけてしまうメールよりも、直接会って目を向かって伝えられた方が、相手に真剣さが伝わるのは当たり前ですよね。

 

極端な話、手当たり次第にメールを送って誰かと付き合えたらラッキーという男性もいるくらいですし、それは女性もわかっています。

 

メールと違い、面と向かって告白することは体力や精神力を消耗することで、簡単に何人もの人にできることではありません。
その為、女性もあなたの気持ちを真剣に受け止めてくれるでしょう。

 

 

どんな素敵な文章や取り繕った言葉も、気持ちを込めて面と向かって言われた一言には敵わないものです。

 

また、メールは所詮文章と絵文字・顔文字だけによる情報で、あなたの声のトーンや顔の表情など何も伝えられません。
だからこそメールの方が送りやすいと感じる男性も多いでしょうが、女性はそういう情報からも相手の気持ちを理解しようとする生き物です。

 

 

女性は勘がするどいと良く言いますが、それは女性は表情・声・雰囲気などの情報を男性より敏感に察知するためです。
そして女性同士のコミュニケーションにはそういう情報がたくさん含まれています。

 

つまり、そういう情報を入れたコミュニケーションの方が女性には合っているということです。

 

 

その為、できるだけ彼女と面と向かって話す機会を作りましょう。
あなたの話を聞いて欲しい時や気持ちを理解してもらいたい時ほど会って話すべきです。
特に、告白がメールだと嫌だと言う女性は多いので、気をつけてください。

関連記事一覧