片思いの彼・彼女に恋愛相談を持ちかけて気になる存在になるテクニック

MENU

片思いの彼・彼女に恋愛相談を持ちかけて気になる存在になるテクニック

片思い中の彼・彼女にわざと恋愛の相談を持ちかけてみてください。
そして、さりげなくその相手は彼・彼女だということをほのめかすようにしてみてください。

 

 

例えば以前言っていた台詞や相手の近況・特徴などを相談中に混ぜて話してみて、「もしかして俺(私)のこと?」と思わせるようにしてみてください。

 

 

すでに仲の良い友人関係ができている場合は、本気で相談されてると勘違いされて親身になって聞こうとしてくれるかもしれませんので、できるだけわかるようにヒントを与えましょう。

 

他に好きな人がいると誤解されないように気をつけてください。

 

 

自分のことだとわかっていても気づいていないフリをしたり、話を合わせて「あくまでも相談を聞いている」という体を保つ人もいるかもしれません。

 

会話が上手な相手だったり慣れている人などは、わざと向こうも思わせぶりな発言をしてくるかもしれませんね。

 

 

どちらにせよ、相手に自分の気持ちをほのめかすことができて、意識させることができれば成功です。
その場で上手く口説こうとしなくても大丈夫です。

 

 

少しテクニックがいるかもしれませんが、好きな彼・彼女がそういう恋の駆け引きを楽しむ人だったら効果はテキメンでしょう。
逆に、そういう思わせぶりな事が嫌いな人や、回りくどい言い方を嫌う人もいますので、そういうタイプにはやめておきましょう。

 

 

相手の脈あり・脈なしを判断するきっかけにもなります。
脈なしの場合は、向こうが自分のことだ気づいた時に、それとなくお断りされるかもしれません。
そうなった場合はもう一度時間をかけてアピールしなおし、再度改めて告白してみるのも良いと思います。

 

 

この方法はある程度信頼関係を築けた後に実践した方が良いでしょう。
向こうもあなたに好かれて嫌な気はしないだろう、と思える時にしてみてください。

 

 

全くあなたに興味がない人やお互いを深く知らない人にこの方法をすると、リアクションしずらくて相手を困らせてしまうかもしれません。

関連記事一覧