お酒の飲み方で好感を持たれよう

MENU

お酒の飲み方で好感を持たれよう

普段からシャイでなかなか打ち解けられなかったりする相手には、お酒の席に誘ってみても良いでしょう。

 

警戒されそうならグループでの飲み会やビアガーデン・ビールフェスなど大勢人がいる場所に誘うと、相手も安心するでしょう。

 

「酔った勢いで…」という言葉にある通り、お酒を一緒に飲むことによって普段よりも大胆になれたり、距離を縮められる可能性があります。

 

また、自分がシャイだという人も、お酒の力を借りるといつもより大きくなった気持ちで接することができるかもしれません。

 

 

中にはお酒を一緒に飲んで初めて本当に仲良くなった気がする、と言う人もいるくらい、お酒を一緒に飲むということには力があります。
会社や友人関係でも、歓迎会やお花見などのイベントがあるのはその為です。

 

 

もし好きな彼・彼女が参加するイベントや集まりがあるのなら、何としても参加したいものです。
グループで飲むメリットは、相手に警戒心を持たれずにお酒をすすめられることです。

 

また、周りもお酒が入っている状態だといつもより開放的になって、深い内容の話やぶっちゃけトークなどが出てくる可能性もあります。

 

普段では聞けないことが聞けたり、新しい情報を得られるかもしれません。

 

 

今までそんなに仲良くなかった人や話しづらく感じていた人でもお酒の席で意気投合し仲良くなった経験がある人も多いと思います。

 

 

注意したい点は、人によってお酒の飲み方やノリが違う点です。
お酒をあまり飲めないことを気にしてる人もいますので、無理にすすめないようにしましょう。

 

 

女性は控えめにお酒を飲む方が好感を持たれることも多いです。
お酒が強い女性をかっこいいと思う男性もいますが、それはたくさん飲んでもちゃんと自分をコントロールできている場合です。
酔っ払うと人に絡んでしまったりハメをはずす癖などがある場合は飲みすぎないように気をつけましょう。

 

 

イッキコールをしたり盛り上がるのが好きな人もいれば、ゆっくり話しながら飲むのが好きな人もいますので、相手の様子を伺いながら雰囲気をあわせましょう。

 

 

次もまた一緒に飲みに行きたいと思ってもらえるように、相手のペースに合わせましょう。

関連記事一覧