女性は話好き男性との会話する時注意する事

MENU

女性は話好き男性との会話する時注意する事

人によって話すほうが好きな人と聞くほうが好きな人がいます。
カップルや友人でもよく話す人とよく聞く人が仲良くなるというのはよくあるパターンです。

 

どちらもよく話すタイプだと、バランスが取れなければお互い話したりないと感じたり、相手の話を聞くのに疲れを感じてしまうかもしれません。

 

どちらも聞く方が好きだというタイプだと、なかなか会話が盛り上がりません。

 

 

それを踏まえた上で、「女性は話好き」というのが世間一般の解釈ですので、基本的に女性が話す側・男性が聞く側になる方が関係を保ちやすいでしょう。

 

女性が何かを話す時は多くの場合アドバイスを求めているわけではなく、ただ情報を共有したい、自分の中から外に出したい、誰かに聞いてもらいたいという欲求に基づいています。

 

 

ですので、男性が聞く側にまわってあげると、女性から安心感や信頼感を得られ、過ごしやすいと思ってもらえます。
あまりするどいツッコミを入れると話しづらいと感じる女性は多いので、気をつけてくださいね。

 

 

「女子会」という言葉をよく聞きますが、女性は集まると何時間でもずっと喋り続けていられる方が多いです。
女性の話を聞くのが上手というだけでモテることもありますので、是非聞き上手になってください。

 

 

シャイな人はなかなか自分からたくさん喋らないかもしれませんので、そういう時はこちらから話題を振ってみたり質問してみてください。

 

また、自分の話を少ししてあなたのことを知ってもらい、安心してもらうのも良いです。
例えば、自分は休日よくこれをして過ごしている、あなたはどんなことをしているの?などと言う風に質問してみてください。

 

自分の話ばかりする男性や自慢っぽい方はあまり好かれませんので、質問を入れることを忘れないようにしてください。

 

 

要するに、相手の話を上手に聞きだしてあげると、女性は楽しい・リラックスできると感じられるでしょう。
また、話を聞いている時にもだまって聞くのではなく、相槌を打ったり、時々驚いたりと反応を見せましょう。

 

 

話をする側の女性も、話す内容や話し方に気遣いを入れた方が良いでしょう。
例えば、悪口や不平・不満などのネガティブな内容は聞いてる方も疲れますので、避けるようにしましょう。

 

自分が相手に楽しんでもらえると嬉しいように、彼もあなたが楽しそうに話をするのを見てきっと嬉しいに違いありません。

関連記事一覧