意思疎通を心がけて楽しい会話にしよう

MENU

意思疎通を心がけて楽しい会話にしよう

人と人が仲良くなっていくプロセスには会話が必要です。

 

稀に、同じような空気を感じる人など、あまり会話を交わさずにいつのまにか仲良くなれる人もいるのですが、そういう人はそんなに多く出会わないはずです。

 

通常は会話を通して相手のことをもっとよく知り仲良くなっていくものです。

 

 

人間社会では人と上手に会話をできる人が老若男女に好かれます。

 

スモールトークといいますが、ちょっとした出会い頭な空き時間などにたわいもない話が上手にできる人は素敵ですし、それは一つの才能であり財産です。

 

何も人気者とまでは言わなくても、好きな人がいるのならその彼・彼女とは上手に会話を交わせるようになりたいものです。

 

 

また、相手が楽しんでもらえるような相手に合う話題を豊富に持っておくことも大事です。
お笑い芸人で名司会者の明石屋さんまさんは、常に新聞や雑誌などの情報によく目を通し、いつどんな話題がふられても上手く返せるように備えていると聞いたことがあります。

 

その時流行っているネタやお笑いのギャグなども知っておくと、相手に楽しんでもらうことができますね。

 

 

大勢でいる時と少人数でいる時の顔が違う人もいます。
時々、二人でいる時は口数が少ない方が良いと感じる方もいますので、様子を見てそういう方には落ち着いた空気を作れるようにしてください。

 

言葉が少ない方がロマンチックに感じる方もいると思います。
その場の雰囲気や空気に臨機応変に対応できるようになりましょう。

 

 

普段から会話が苦手な人はこんなことを聞くと余計身構えてしまうかもしれませんね。
しかし、上手な会話をしようとばかり意識してしまっては、空回りしてしまうものです。

 

 

上手な会話や楽しい会話は、お互い意思疎通ができている状態で生まれます。
会話をしようということにばかり意識がとんでいて、相手の言っていることが身に入ってこなかったり、自分の言っていることがトンチンカンだったら、楽しい会話はできません。

 

身構えずに、まずはちゃんと意思疎通ができるように心がけてみてはいかかでしょうか。

関連記事一覧