相手の名前を入れてメールを送ると好感度アップ

MENU

相手の名前を入れてメールを送ると好感度アップ

会話の途中に自分の名前が入ると少し嬉しかったりドキッとすることはありませんか?
ニックネームや名前を呼ぶことは相手に親しみを感じさせる行為です。

 

 

お店の接客でも、相手の名前がわかる際は「○○様」とわざわざ名前を付けて接客することがあります。
名前を呼ぶことによって呼ばれた相手はその場の主役になるのです。

 

「自分のことを考えてくれている」「気にかけてくれている」という気分になって誰しも嬉しくなるものです。
また、名前を呼ばれた方が会話を注意して聞き、内容が頭に入るということもあります。

 

 

もし現在片思い中で落としたい彼・彼女がいるのなら、メールの際、時々相手の名前やニックネームを入れてみてください。
あなたが距離を縮めようとしているのを無意識にでも感じ取っているはずです。

 

名前を入れられた方が「返事を返そう」という気分になるのも事実です。

 

 

また、普段はニックネームで呼んでいたのにいきなり名前で呼んでドキッとさせるという手もあります。
今まで苗字で呼ばれていた人から名前で呼ばれるのも、何だか照れくさくなりますよね。

 

○○君・○○ちゃんと呼んでいる場合は、「○○(呼び捨て)と呼んでも良い?」と聞くことで彼・彼女との距離が近づくきっかけになるでしょう。

 

 

名前を入れて質問文を送るとメールは続きやすくなります。
質問文が入っていると、相手も返事を考える時に楽ですので、適度に質問を入れると良いでしょう。

 

 

あまりにも詳しくつっこんで聞き入ったり、質問だらけの文章だと相手を疲れさせてしまうかもしれませんので気をつけてくださいね。

 

 

二人の仲がどれだけ仲良いかによって質問の内容も変えましょう。
例えば、過去の恋愛の話は出会ったばかりの頃は避けておいた方が良いと思います。
人によってはデリケートな話になる可能性もあるので、親しくなって信頼関係を築けた後に聞いてみましょう。

 

 

メールが楽しくできると遊びにや食事にも誘いやすくなりますので、お互いが楽しくメールできるようにしたいですね。

関連記事一覧