タイプで判断する空気が読める人のメールテクニック

MENU

タイプで判断するメールテクニック

好きな人と関係を築くためにメールはよく使われるツールです。
特に職場や学校などが異なり、普段あまり会う機会がない相手との恋愛はメールを利用する人が多いですよね。

 

片思い中の彼・彼女に好感を持ってもらう為にはどんなメールをしたら良いでしょうか。

 

 

人によって男女問わずメールをするのが好きな人と苦手な人がいますよね。
メールが好きな人はたわいもない話でもずっとメールを続けたがりますし、おもしろい顔文字や絵文字なども使ってくるかもしれません。

 

メールを見たらすぐ返事を返す人もいます。
逆にメールはめんどくさくて必要最低限しかしない、返事をなかなか返さないという人もいます。

 

 

自分と相手が似たようなタイプならお互いのペースを分かり合えて良いのですが、必ずしもそうとは限りません。

 

 

まずは相手がどちらのタイプかみて、彼・彼女のペースに合わせてあげた方が良いでしょう。
普段はメールが苦手であまりしない人が、自分の為に一生懸命たくさん送ってくれたと後でわかった時、すごく好感度はあがります。

 

また、ぎこちない雰囲気から相手にも頑張って合わせてくれてると伝わって嬉しいかもしれません。
逆に自分はメールをたくさんしたいタイプでも相手がそうでなければ、我慢して控えるようにした方が無難です。

 

 

忙しくて返事が返せなかった時に、返事をせかされたり何通も送ってこられるとイラッとしてしまう人もいますので、気をつけてくださいね。

 

本当に仕事で返せなかったり、返事を考え中で返せていないこともあるので、もしメールが返ってこなくてもあまり気を落とさず、気長に待ってみましょう。

 

 

メールを送るタイミングも、深夜など常識の範囲内で適切な時間を考えて送った方が良いでしょう。
また、相手が理解しやすいような読みやすい文章を送るようにしてください。

 

メールは文面だけで表情や声のトーンがないので、読み方によっては相手に誤解を与えてしまう可能性もあります。
普段の話し言葉の通りの文章で打つとぶっきらぼうに見えることもあります。

 

 

なるべく丁寧で気配りの届いた文面で送るようにしてください。

関連記事一覧

関連記事一覧