自然な気遣いを身につけて好感度アップ

MENU

自然な気遣いを身につけて好感度アップ

好きな人には良く思われたい、良い所を見せたいというのは、誰もが持つ当たり前の気持ちです。
その為に相手に対するちょっとした気遣いを見せてアピールするのは効果的な方法でしょう。

 

 

ちょっとした気遣いの積み重ねで「この人良いなぁ」と思ってもらえることは頻繁にありますし、気遣いができる人というのは男女問わず人気があります。

 

人によっては言葉よりもそういう行動の方を良く見ている人もいます。
場合によってはどんな言葉で伝えるよりも、そういった行動で表す方が相手の信頼を勝ち取ることができます。

 

 

ワザとらしく「僕(私)今これやってます!」という感じでするのはむしろ逆効果です。
おしつけがましいし、「狙ってる」と思われるでしょう。

 

誰も見てないような時にさりげなくやっている姿の方が信頼もあがり、魅力的に感じることもあるでしょう。
アピールしてるという感じではなく、自然にやりましょう。

 

 

例えば合コンなどで、率先してサラダを取り分ける女の子の気遣いは好感があがるかもしれません。
料理も出てきたばかりでみんなにも見て気づいてもらえますね。

 

 

しかし初めだけそういう気遣いが見えても、時間がたった頃に気遣いも何もない人だったら意味がありません。
時間がたってからもさりげない気遣いが継続して見られる人の方が最終的に好感度は高いでしょう。

 

 

ですので、取り繕った行動ではなく、普段から自然と気遣いの身についた人間になりたいですね。

 

 

あなたが片思い中の彼・彼女はもしかしたらそんなさりげなさに気づかないかもしれませんが、めげずに自然に繰り返してみましょう。

 

気遣いのある行動を繰り返すことで、あなたの人の良さが自然とにじみ出てきて、なんらかの形で思いやりは伝わるものです。

 

 

そして、その気遣いが自分への好意の表れだと気づくと、誰しも嬉しいものです。
相手にそう思ってもらう為にも、相手の趣味や好きなこと・ものなどをよく知っておき、他の誰でもなく彼・彼女に対する気遣いだとわかるような行動が取れるようになると良いですね。

関連記事一覧

関連記事一覧