警戒心を解いて仲良くなり関係をすすめる

MENU

警戒心を解いて仲良くなり関係をすすめる

男性女性関係なく、初対面の人と上手にしゃべれなかったり、なかなか親しい人間関係を作れない人見知りの人はいます。
もし片思い中の彼や彼女がそういうタイプの場合、まずあなたに対しての警戒心を解いてもらうことが関係をすすめる上でのファーストステップとなります。

 

焦らずにまずは友人として受け入れてもらいましょう。

 

 

また、あなた自身に対する警戒心ではなく、あなたと仲の良い交友関係やグループの雰囲気などに警戒心を感じてしまっている場合もあります。

 

そのような時はなるべく彼・彼女にあなたの本当の姿を見せて自分のことを知ってもらい、誤解を解きましょう。

 

 

第一印象というのは人間関係において割と尾を引きずるもので、第一印象が悪かった為にそれ以来ずっと防衛線を引いて関係を築けないなんていうこともあります。

 

周囲の評判も大きな役割をします。
良い評判だったらプラスに働いて警戒心を解いてもらう助けになるのですが、あまり良くない評判だったりするとそれで身構えてしまって引きずることもあります。

 

 

また、ナンパや合コンなどがきっかけの出会いは、それだけで警戒心を持たれる場合があります。

 

そのような誤解がある場合や、相手が人見知り・異性が苦手である場合は、普通の恋愛よりも慎重にゆっくりとアプローチしていく必要があります。

 

まずは彼・彼女があなたに慣れるまで、友人として親しくなるように心がけましょう。
コミュニケーション増やし、小さな積み重ねで少しずつ警戒心を解いてもらうと良いです。

 

 

それでもなかなか仲良くなれない、信頼してもらえない場合は、もしかしたら相手が今そういうのを求めていない時期かもしれません。

 

もしくは過去に傷ついた出来事があり、恋愛に臆病になっているのかもしれません。

 

そういう相手にはすごく時間がかかるかもしれませんが、本気で好きなら長い目で見て待っていてあげると、結果的に普通得られる以上の信頼を勝ち取ることができるかもしれませんよ。

関連記事一覧