恋の障害を乗り越えて恋愛を成就させる

MENU

恋の障害を乗り越えて恋愛を成就させる

恋愛において、片思いの時期が楽しいということは事実です。

 

両思いになると関係を維持しようと頑張ったり、関係がマンネリ化してきたり、それぞれの嫌な部分が見えてきたりして、大変なことも多くあります。

 

 

片思いで相手を振り向かそう、障害を乗り越えようと努力している時期はある意味とてもエキサイティングで楽しい時期です。

 

また、「恋に恋する」という言葉がありますが、彼・彼女と一緒にこんなことをしたい、こんな所に行きたいなんて考えているのも楽しい時期ですよね。

 

 

しかし、いざ自分が片思いをしてみると、そういう風に考える余裕はなく、時には苦しい思いもしながら両思いになろうということで頭がいっぱいになりますよね。

 

 

両思いへの障害はその恋それぞれです。
ライバルがいたり、接点がなく親しく慣れなかったり、自分に自信がなかったりと色々な種類があるので、一概にこうすれば良いという答えはありません。

 

一つ言えることは、あまり無理はしない方が良いということです。
相手を振り向かせたい一心で自分らしくないことをしたり無理に合わせたりしても、それが長く続くとは思えません。

 

本当のあなたではない姿で好きになってもらっても、付き合っていくうちに必ず違和感を感じる時がくるでしょう。
あなたも無理をすることに疲れると思います。

 

 

そしてその恋が終わった後に残るのは後悔や悔やみです。
後悔は多くの場合、自分の100%の力を出し切っていない時にやってきます。

 

無理をして自分を作って恋が終わった場合、「もっとこうすれば良かったんだろうか」などという気持ちが心に残ります。
しかし、正直なあなたでぶつかっていった場合は、あなたにできることは全てやっているし、仕方がないという気持ちが芽生え、諦めが早くなります。

 

 

また、あなたが無理をしていて自然体ではないと、それにつられて彼・彼女も無理しているかもしれません。
あなたが正直な姿を見せる方が、彼・彼女もありのままの姿であなたに接してくれるでしょう。

 

 

自然体の姿でいるからこそ、お互いを分かり合うことができ、関係を良い方向に進められるのだと思います。
距離やスケジュールが合わない・ライバルがいるなどの障害も、お互いが本気でぶつかりあえる関係なら乗り越えられる可能性が高まるでしょう。

 

また、ありのままでいる方が自分の気持ちもブレずに保てることでしょう。

 

まずは怖れずに、無理をするのをやめて自然体でぶつかってみてはどうでしょうか。

関連記事一覧

関連記事一覧