片思いの異性に好意をさりげなくアピールする方法

MENU

片思いの異性に好意をさりげなくアピールさせる方法

はじめは興味のなかった彼・彼女でも、好意を持たれたことをきっかけに意識をし始めた、という経験を持つ人は多いと思います。
自分のことを好きでいてくれると知ったら誰だって悪い気はしませんよね。

 

 

「もしかしてこの人…」自分のこと好きなのかな?と思わせるのは、良いテクニックだと思います。
ただし好きでもない人にそう思わせるのはやめておきましょう。

 

相手に失礼なだけでなく、「思わせぶりな人」のレッテルを貼られるとあなたの評判も落ちます。

 

 

彼・彼女に「もしかしてこの人…」と思わせる際に気をつけるのは、それをいい様に利用されないことです。
異性の扱いに慣れた人の中には、気のあるフリで合わせてきて利用する、という方もいるかもしれません。

 

 

その為にも、あからさまに好き好きアピールをするのではなく、どっちなのだろう?と少し分からないくらいで抑えておきましょう。
分からない分あなたに興味を持ちますし、あなたのことを考える時間も多くなるはず。

 

好きと確信を持たせるのは告白する準備が整ったと思える時にしましょう。

 

 

方法としてはメールをしょっちゅう送ったり、彼・彼女を見ると笑顔になる、相手が過去に話したことを覚えている、などたくさんあります。

 

また、共通の友人に協力してもらっても良いでしょう。
メールを送るにしても、相手に気を使いながら送りましょう。

 

あまりにもたくさん送りすぎたり何通も続けるとあからさまですし、相手が引いてしまわないように彼・彼女のペースに合わせましょう。

 

 

また、軽い人と思われないように注意することも大切です。
誰にでもそう接してると思われると逆効果です。
悪魔でも控えめにアピールしましょう。

 

 

スタートをきれたら、そこからはあなたの努力次第です。
「自分のこと好きなのかな?」と興味を持ち始めると、結果的に品定めされることになる可能性もありますので、頑張りましょう。

 

あまりにも長くその状態を続けていると「思わせぶりな人」「軽い人」になってしまうので、ある程度の目処が立ったらしっかり気持ちを伝える方が誠実です。

関連記事一覧