片思いの彼の恋愛対象になれる方法

MENU

片思いの彼の恋愛対象になれる方法

好きな人がいる時に、せっかく頑張って彼・彼女と仲良くなれて好意を持たれても、それが友達としてだったら悲しいですよね。
相手はあなたの好意に全く気づかずに、友人として良くしてくれていると勘違いされることも多いです。

 

 

たとえ接点をたくさん持って関係を深めていっても、あなたが彼・彼女の恋愛対象になっていなければ何の意味もないのです。
当たり前のことですが、恋愛対象になっていないと恋愛も始まりません。

 

 

自分を恋愛対象として意識させるにはいくつかの方法があります。

 

 

まず最初は、見た目から意識させることができます。
かっこいい人・かわいい人を見るとそれだけで誰でも少しはドキッとするものです。
このドキッが恋愛が生まれるの種になるのです。

 

 

あなたが容姿に自信があるタイプではなくても、服装やヘアスタイルなどで異性であると意識させることもできます。
少なくとも、清潔感がない人は最初から恋愛対象にはなりにくいので、気をつけましょう。

 

 

だんだんと相手と喋ることができるようになったら、二人きりで会う約束をしましょう。
始めのうちはグループ交際でかまいませんが、いつまでも仲良しグループで会っていると本当にただの仲良しの友人になってしまいます。

 

タイミングを見て二人で会えないか誘うことで、友人としてではなく異性として意識していると伝えることができます。

 

相手がもうあなたのことを友人としてしか見ていない時に二人で誘っても、友人として受け入れてもらえてあなたの気持ちは全く伝わらないかもしれません。

 

 

なるべく早いうちに恋愛対象として意識していることを意思表示した方が良いです。
人によっては「一度友達になってしまった人はもう恋愛の対象として見れない」という人もいます。

 

 

また、全く意思表示しないで友達として信頼され仲良くなった後にいきなり異性として迫ったら、「信頼していたのに」と裏切られたような気持ちになる人もいます。

 

 

相手があなたのことを異性として意識しているかどうかのサインはちゃんと読み取りましょう。
特に女性は恋愛対象にならない人と恋愛対象の人への接し方は分けている人が多いです。

 

そういうサインを読み取れないと、「この人は私(俺)のこと何もわかってないんだな」と思われるかもしれません。

関連記事一覧