視線を意識して行動やオシャレのセンスを磨く

MENU

視線を意識して行動や言葉のセンスを磨く

片思い中の彼・彼女に対するあなたの態度が、あまりにも周囲への態度と違うと周りにもあなたの気持ちがバレバレで恥ずかしいかもしれません。

 

しかし、相手の視線を意識して行動するのは決して悪いことではないですし、誰しも無意識に少しはそうなっている部分はあると思います。

 

 

誰だって好きな人ができると少しおしゃれに気を使ってみたりしますよね。

 

女性なら好きな人の前だと言葉遣いなどが少し行儀良くなったり、男性ならおもしろくしようとか引っ張っていこうとか頑張ってみたり。

 

そうやって好きな人の視線を意識することは、自分自身の向上にも繋がりますので常に意識して行動しても良いと思います。

 

 

恋をすると彼・彼女の視線を気にして、きれいになったりかっこよくなってあか抜ける人は多いですよね。

 

例えその恋が終わってしまってもそんなあなたの姿を見ていた人と別の恋が始まるかもしれませんし、おしゃれのセンスが良くなったりと一人の人間として成長したことは間違いありません。

 

 

人は自分のことを好きな相手に興味を持つものですから、相手に自分が意識していることが伝わるのも悪いことではありません。

 

自分と会う為にオシャレして来てくれたとわかったら嬉しいですよね。
気持ちが態度にでず伝わりにくいポーカーフェースの人もクールでいいと思いますが、恋愛が発展しやすいのはどちらかというと感情が素直に出るタイプだと見られます。

 

ですので、相手に意識していることが伝わっても全然心配いりません。
周りの人間にバレることが少し恥ずかしく感じるかもしれませんが、それは恋愛している人みんなが背負うリスクです。

 

 

相手の視線を意識することは照れたりシャイになることとは少し違います。
中学生などまだ恋愛に慣れていない人が好きな人の視線を意識しすぎて失敗するのは、照れたり恥ずかしがったりするからです。

 

そういう態度は本人も見ている人も恥ずかしくなりますね。
彼・彼女の視線を意識して照れるのではなく、相手から良く思われる為に頑張ろうということがポイントです。

関連記事一覧